teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


その気になれば 何でも出来る !!

 投稿者:日本人権擁護協会 会長 大賀 吉員  投稿日:2015年12月25日(金)08時43分22秒
編集済
    裁判官 の 任命権


最高裁判所長官の任命は天皇の国事行為と定められているが,
その指名を行うのは内閣である。

また,長官以外の裁判官についても内閣に任命権があり,高
等裁判所など下級の裁判所の裁判官は,最高裁判所が提出す
る指名名簿に基づいて内閣が任命する。


ズ~ト以前のこと

裁判の途中で、裁判官の態度が豹変した・・・と感じた。

それは、証明に不可欠な証人を申請しても、何れも却下。
これじゃあ戦えない、立証出来ないからだ。

当時は知らなかった! 時の内閣にすり寄る者が有利?と
考え、対策を必要とする事を。

そういえば、思い当たる事がある。

某地方議員から「君は裁判というものを知らないね」と言
われた事を・・・。

この裁判が唯一の汚点となるが、随分勉強させて頂き、そ
の後役立っている。
 
 

超 ・ ・ ・ 短気者

 投稿者:日本人権擁護協会 会長 大賀 吉員  投稿日:2015年 4月19日(日)12時50分3秒
編集済
   無言電話

気長く対応している。その気になって(相談の)電話をしてきたの
だろうが、中々話出せない方も ・ ・ ・

 この場合は違った

無言が続く ・ ・ ・ (突然) ナニショ~ン という甘ったらしい
女性の声 ・ ・ ・  思い当たらない。はじめて聞く声 ・ ・ ・
声質から、愛しいわが子がイタズラしているのを見かけ、思わず声
を掛けた、という感じ ・ ・ ・

(直後) ・ ・ ・ ヤカマシイ~  という男性の怒鳴り声 ・ ・ ・
聞き憶えがあった。  無言は続く ・ ・ ・ 此方から ・ ・ 切る。

彼を良く知るという大学教授に一部始終を ・ ・ ・   教授は笑
いながら ・ ・ ・ 彼に間違いはない。女性は奥さんだろう。と ・ ・
 

世論操作も弁護士活動の一環?

 投稿者:日本人権擁護協会 会長 大賀 吉員  投稿日:2015年 3月11日(水)12時45分48秒
    日弁連は3人を戒告の懲戒処分

民事訴訟の代理人を務めた弁護士が、法律雑誌に判決の論評を載せるよう働
きかけ、匿名で判決を批判する記事を書き、他人(匿名や編集部名義)の意
見であるかのようにして控訴を申し立てる書類で引用した=すでに公刊物で
も指摘されているが、一審判決は様々な矛盾点や疑問点を内包している。と。

  処分を受けたのは、西村あさひ法律事務所に所属

一人は50十代で、国内外の大学で講師や客員教授を務め、企業の社外監査役
もしている。 別の一人は40代で裁判官出身。 もう一人は30代という。


  世論操作を計ることも弁護士活動の一環?

3人は「弁護士活動への過度な規制だ」として処分取り消しを求め、提訴した
という(H27年3月8日、朝日新聞朝刊より)。
 

奴隷狩り・人身売買・・・

 投稿者:日本人権擁護協会 会長 大賀 吉員  投稿日:2014年 3月23日(日)13時07分42秒
  黒人を奴隷として売買・・・。 中世・・・

日本各地で日常的にみられたという戦争奴隷・・・

 ある者は身代金と・・・引き換え ・ ・ ・

 ある者は連れ帰り・・・奴隷とし ・ ・ ・

 ある者は
 東南アジア諸国で・・・売られ ・ ・ ・

 男も・・・女も・・・子供も・・・

徳川時代・・・戦国の世は終わり・・・
戦争奴隷は終結したが、形を変え ・ ・ ・
人身売買は続き・・・昭和まで残り・ ・ ・

当時は・・・何処の国でも・・・常識か・・・

さて、日本では可不思議な事が堂々とまかり通る。

世界の常識ではなく・ ・ ・ 日本だけの常識か・・・


 

医療事故調

 投稿者:日本人権擁護協会 会長 大賀 吉員  投稿日:2014年 3月18日(火)12時19分29秒
  創設の法案が近く国会で審議されるという。対象は「診療に関連して予期せず患者が亡くなった場合」という。
医療事故と言えば、当会も以前かかわった事がある。

急患は、致死率の高い重篤な疾患「解離性大動脈瘤A型(胸部)」が疑われた。

医学書には「放置すれば心タンポナーデなどを引き起こすため、安静を確保し、緊急ないし早期手術の
適応を必要とされる」とある。

亡くなったのは、心臓血管外科である主治医の許可を得て ・ トイレの便座に座った状態で ・ 心タンポナーゼ
を引き起こしていた。 医学書のとおりだ。

それでも、過失は無いという。
 

安全神話・・・方便だった・・・

 投稿者:日本人権擁護協会 会長 大賀 吉員  投稿日:2011年 4月 1日(金)13時21分33秒
編集済
    大前提である・・・安全を・・・

起こり得ないような大きな地震を想定して設計・・・最大級の津波を評価(考慮)・・・安全性を確認しています・・・と、作文で対応していたことが・・・明らかに・・・

  M9.5のチリ地震・・・

約18mの津波がチリ沿岸部を襲っている・・・

  この度の地震・・・M9.0・・・

津波は・・・昭和8年の昭和三陸地震のときとほぼ同じ場所まで押し寄せていた・・・という・・・

  理解出来ないのは・・・

後に建設しながら・・・政府も・・・官僚も・・・東電も・・・危惧する専門家の意見を退け・・・実際に起きた津波より・・・低い津波にしか対応していなかった・・・

  想定外・・・未曾有・・・

意味不明・・・都合のいい言葉を選び・・・責任逃れの布石は・・・人災認識から・・・巨額に上るであろう・・・補償回避を・・・ツケを国民に回そうと・・・もくろみ・・・

  原発は安全・・・

神話は・・・作り話・・・ 建設する為の・・・方便・・・世論操作だった・・・

 

・・・ 庶民の命は軽かった 5 ・・・

 投稿者:日本人権擁護協会 会長 大賀 吉員  投稿日:2011年 1月19日(水)20時22分35秒
     訂正・訂正・訂正・・・

 A子さんの主治医・・・F副院長は心臓血管外科・・・専門医ではなかった・・・

   経験のある心臓血管外科専門医の判断が・・・

 治療方針・・・手術の決定にあたって・・・患者さんの状態や手術の方法について・・・十分に検討することが必要・・・

   何故・・・専門医と・・・

 なぜか・・・裁判所は・・・真相解明を・・・拒否した・・・




 

・・・ 庶民の命は軽かった 4 ・・・

 投稿者:日本人権擁護協会 会長 大賀 吉員メール  投稿日:2009年11月12日(木)19時41分54秒
   その後・・・A子さんは通常勤務に就いた・・・内科医E院長(理事長)・・・心臓血管外科専門医F副院長に・・・

 両医師は胸部をCT撮影・・・画像から異常ヵ所は発見出来ない・・・数十分後再度撮影・・・やはり確認出来ない・・・

 F医師はA子さんのご主人に・・・心臓模型を使い・・・解離性大動脈瘤A型の疑いと説明・・・経過観察入院を勧め・・・安静度を普通と指示・・・約1時後・・・許可を得てトイレに行き・・・便座に座ったまま絶命・・・遺族が発見・・・

 緊急性は無かったのか・・・解離性大動脈瘤は・・・A型(胸部)と・・・B型(腹部)で・・・治療方法が違う・・・

 A型(心臓に近い上行大動脈に存在)・・・破裂により心臓を圧迫し救命できない場合が多く・・・ほとんどが緊急手術対応とされ・・・

 B型(胸部の下行大動脈から腹部にかけて存在)・・・破裂する確率が少ない場合は・・・安静を確保破裂を防止する・・・

 A子さんの場合(胸部しかCT撮影していない)・・・A型・・・緊急手術の準備をしていない・・・(確定診断出来ず)経過観察中だとしても・・・安静を確保していない・・・治療法がA型B型いずれにも該当しない・・・

 本当に映っていなかったのだろうか・・・不鮮明なCT画像に不信感が・・・

    なぜか・・・裁判所は・・・真相解明を…拒否した・・・
 

祖生中校歌 うたいます

 投稿者:わびすけ  投稿日:2009年 7月16日(木)10時17分28秒
  やーまや・ま・はー ゆめのゆーりーかーご
せーせら・ぎ・はー いのちーの な・が~れー
はなびらーをー 雲をうかべて 祖生のむ・ら・
きょーもーやす・・・・-
はーるーか~な~るー 歴史をう・け~てー
まなぶみー・ー
さちは はてーなしー

おそまつでした

応援しています
 

・・・ 庶民の命は軽かった 3 ・・・

 投稿者:日本人権擁護協会 会長 大賀吉員メール  投稿日:2009年 3月 8日(日)18時31分1秒
編集済
   A子さんは、搬送先として指定した三次救急B病院で・・・前年、足の動脈瘤手術を受けていた・・・妹を同じ病気で亡くし・・・遺伝性か・・・自分の病気について説明を受けていた・・・搬送先指定・・・理由があった・・・

 診察カードを提示されれば・・・(救急隊員なら)容易に判断できた・・・なぜか・・・救急隊員はB病院に・・・収容可否連絡していない・・・

 指定先に搬送されていたら・・・記録があった・・・胸痛の原因を最も早く予測できた病院だった・・・適切に対処できた・・・悲劇は必然性を・・・結果は回避されていた可能性が高い・・・

 救急隊員は・・・急患の願いを黙殺・・・専門外の・・・経験の浅い・・・C脳神経外科専門医が当直するD病院に搬送・・・不可解な行動・・・A子さんを一歩近づけたのは・・・あろうことか・・・救急隊員だった・・・

 救急隊員の不可解な行動の背景に・・・どんな理由が有ったのか・・・遺族に・・・国民に知る権利はないのか・・・

     なぜか・・・裁判所は・・・真相解明を・・・拒否した・・・
 

レンタル掲示板
/2