創作キャラクター設定置き場



カテゴリ:[ 趣味 ]


2件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[10] 御庚寺 普(ゴコウジ アマネ)

投稿者: izayoi. 投稿日:2016年 8月24日(水)00時03分26秒 KD182249246008.au-net.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

「俺」「君」「(名字)」

性別→男 身長→160cm 年齢→18歳

【外見】
アルビノ体質。タレ目。
だぼだぼのジャージ、サスペンダー、スキニージーンズ。


【概要】
・お金大好きクズペロ系詐欺師。
・アルビノ体質により、人身売買などの連中に追い掛け回されることもしばしば。
・基本的に心は広いが、ある一点のことになると沸点が低くなる。


【戦闘】
★武器は護身用のナイフ。戦う時は能力に頼ることが多い。

★能力「時は金なり」
・自分の所持金を好きなものに変える能力。
 それは武器や乗り物などの形あるものから、
 腕力や脚力などの形ないものまで変えることが可能。
・尚、費やす金額が多ければ多いほど質は良くなる。
・自分の体に対して力を使う場合、使い終わったら眠気として反動が来る。
 使い過ぎると強制的に眠ってしまう。
・一日一回だけ、物をお金に変えることも出来る。
 お金の金額は、物によって上限があるものの、基本自分で決められる。
・いつどんなことが起きても良いようにと、彼は腕に手作りの札束ホルダーを付けていたりする。


【過去】
 アルビノ。それは、この世界で差別の対象になりやすい生まれつきの外見的違い。
 彼が生まれた小さな町も例外でなく、物心ついた時から虐げられていた。
 唯一自分を「普通」として扱ってくれて、自分を愛してくれた両親、妹弟は、町の住民による酷い理不尽によって、
彼の目の前で嬲り殺された。
 間一髪町から逃げ出した彼に待っていたのは、次の地獄。アルビノは差別の対象になりやすい上、奴隷としての値打ちは最高で、
人身売買を行う輩に追われる日々。
 ある日、彼は決心した。自分を虐げるもの、自分を狙うもの、それら全てを騙し、欺き、出し抜いて、
唖然とする奴等にこう言ってやるのだ。
 「ねぇねぇ、散々見下していた相手の嘘に引っかかるって、どんな気持ち?」と。


「ひぃ、ふぅ、みぃ、よ…………ウフフ、40万ゲットだぜ」
「この世界が理不尽だって? 味方が居るのに? とんだ贅沢を言うんだな。ぶん殴ってやりたい」




[9] 神道 灼(シンドウ アラタ)

投稿者: izayoi. 投稿日:2016年 6月 4日(土)21時33分10秒 KD182250250010.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

  一人称「僕」 二人称「君」 三人称「(名字)さん」

性別→男   身長→155cm   年齢→16歳


【外見】
 眉上の薄茶髪。赤色の瞳。軍服着用。着脱可能なマントを羽織る。

【概要】
 少々性格が悪い。飄々としていて掴み所がない少年。
 軍の大将だったがあることがキッカケで自軍を潰した過去を持つ。
 妖刀から受ける加護により、人より丈夫で身体能力が優れている。

【戦闘】
 武器は妖刀「阿栖波」。

  阿栖波→妖刀に宿る魂。神道の妹。着物。薄茶のロング。赤色の瞳。神道が弱ると力が暴走する。
      兄を思う力故にか、強い加護を与えている。

【能力】

「懺悔之歌」→ターゲットが殺した人の数に応じて、掛けられる重みが変わる。多ければ多いほど重い。

「阿須波千手」→真っ赤な刀剣が現れる。数に殆ど際限が無い。無意識のうちに発動されることもある。

※尚、能力の同時発動は不可能。


【過去】
 少年はとある軍の大将だった。平和を望んだ彼は、圧倒的な力でそれを実現しようとした。
 少年には妹が居た。ある日、大切な妹が敵軍に攫われ人質となり、助けようとするも妹は
目の前で殺された。
 自軍では禁忌となっていた「魂を武器に入れる」ことに成功。妹の魂が宿る妖刀を手に、
妹を見捨てた自軍を滅ぼしたのであった。
 そんな彼は今日も、妹と共に旅を続ける。


「ほら、僕ってばちょーーっと性格悪いからさ」
「あんまり阿栖波を怒らせちゃいけないよ。怖いから」
『にい……に、触れ、たら……許さない……』


レンタル掲示板
2件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.