teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


お世話になりました

 投稿者:生さん(10期生)  投稿日:2022年 6月 6日(月)13時07分57秒
  井上正信さん、お世話になり楽しく皆さんの様子を伺ってきましたが残念です。私はPCとかHPを作成することは全くできませんが、学校仲間の詳しい友人がいてGoogleで無料のHPを立ち上げて利用させてもらっています。四阪島小中学校同窓生のページも何とか維持できないものかと苦慮しています。精通されている井上さんのこと手立てはあると思いますがもし必要ならば奈良県の友人に連絡を取り検討していただければと思っています。
話は変わりますが、コロナ騒動で東京四阪会も休会が続いており寂しく思っています。長井さん・有元さん親身のお世話をいただきながらのご無沙汰、一日も早い再開を願っています。
最後にこのページに参画されている方々のご健勝ご活躍をお祈り申し上げ、お礼の言葉といたします、有り難うございました。
 
 

感謝 

 投稿者:谷口  投稿日:2022年 6月 4日(土)21時36分32秒
  皆様こんばんは、私は卒業生ではありませんでしたが、父を大事にしていただき、私なりに何か

の役に立てばと思い投稿させて頂きました、日暮別邸移築工事が一番の思い出です。

今日も島に行っていました、島は草木に覆われ緑一色になりつつあります。

井上様皆様有り難うございました、ペンネームを懐かしく思い出しています、お元気で。
 

おせわになりました

 投稿者:有元容子  投稿日:2022年 6月 4日(土)14時42分49秒
  井上さま
そして皆様
掲示板がおしまいになるそうですが、長い間にわたって管理してくださった井上さんに感謝以外何もありません。
本当に本当にありがとうございました。
どうぞ皆様もお体にお気をつけてお元気でいらしてください。
 

掲示板の終了

 投稿者:井上正信  投稿日:2022年 6月 2日(木)14時11分56秒
  この掲示板を立ち上げ、管理してきた井上正信です。

teacup.から連絡があり、2022年8月1日(月)13:00をもちまして、サービスが終了するとのことです。他のサイトのサービスへの移行もできないそうです。
ということで、8月1日には、見れなくなりますので、過去の記事でどうしても保存しておきたいものがありましたら、各人でご自分のパソコンに保存をお願いします。

皆様には長年いろいろと楽しい投稿を有難うございました。
 

銅山峰

 投稿者:有元容子  投稿日:2022年 1月29日(土)11時45分53秒
  美の浦13号様
そうなんです。かわいそうでしょう?
もう1年で何もかもが変わってしまいました。
東平の話は姉から聞くだけでした。もうマイントピアになってしまった後に行ったので、想像するのも難しかったです。
でも銅山峰に登りながらきっとここにあの長屋があったのだろうとか、小学校や娯楽場跡地などをみながら四阪島と同じようだったのだろうと、想像できました。太平洋は見えませんでしたが、山頂はもっと高い西赤石なので、見えたかもしれません。
 

四季録

 投稿者:美ノ浦13号  投稿日:2022年 1月26日(水)20時09分57秒
  そうでしたか、容子さん達は東平へも行っていないのですね?一学年しか違いませんが、私達は2度も東平へ行きました。小学6年と中学2年か3年生の時に。
中学の時は、多分、石鎚山の代わりだったのでしょうか??私達の学年から石鎚山は危険だと言って登らなくなりましたので。。。
東平では大きな体育館みたいな所に皆で(だと思う)宿泊して、お風呂は10人位が入れる所に何班かに別れて行きました。帰り道の星空がとっても綺麗でした。
そう、皆、白いトレパン履いて、遠足とは違う大きい目のリュックを背負って行きましたね。
一生懸命登りましたね。そして、太平洋を眺めるところまでたどり着いて瀬戸内とは違う景色に吃驚しました。銅山峰???
今度、同級生とそんな思い出話をしてみたいです。


 

今週のエッセイです。

 投稿者:有元容子  投稿日:2022年 1月26日(水)07時46分15秒
  銅山越に登ったときの話を書きましたので、載せますね。オミクロン株の蔓延がすごいことになっていますので、どうぞ皆さまお気をつけてお過ごしください。  

舘野泉さん

 投稿者:有元容子  投稿日:2022年 1月12日(水)14時51分51秒
  こんにちは。
今日の愛媛新聞四季録のエッセイは四阪島のことです。
昔のことなので違う部分があるかもしれませんが、、。
 

工場の音

 投稿者:谷口の息子  投稿日:2022年 1月 8日(土)22時15分21秒
  皆さんこんにちは,私にも一つ一つの音に思い出があり懐かしく思い出しています、

スキップ巻きは、主に新人の役割で、羽口の作業は、知識、体力が必要なのでベテランさんの

役で憧れでした。すべての音に,みなさんのお父さんが係っていたと思います。

五日から島に行っています、毎日防寒対策をして甲板に乗っています、今朝は石鎚山がきれ

いに見えました。皆さまの投稿が無いとさみしいです。

 

面白いです~~!!

 投稿者:有元容子  投稿日:2022年 1月 8日(土)10時14分14秒
  谷口様
ありがとうございました。音の正体がよくわかりました。
今まで何がどうなつかしいのか、よく考えたことがなかったのですが、あの音も大きな要因だったと思いました。
なるほど~~とものすごくよく納得しました。
考えたら、学校の窓は今のような2重ガラスなんてなかったし、遮音などしてなかったはずですから、あの音の中でよく勉強したものだと思います。なつかしいです。
 

レンタル掲示板
/88