teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


新居浜南高

 投稿者:yoko  投稿日:2014年12月21日(日)11時32分58秒
  井上さんへ。
私は12時頃からゆっくり展示を見、あとは時間が来るまで、しばらく会場内のいすに座っていました。
実は南高の発表があるのを見落としていて、その前の講演を聴いてすぐ会場を出て帰って来てしまったのです。(人と約束もありまして)すれ違ったようですね。

いい展示だったと思います。
私達はどうしても島を中心に物事を考えてしまいますが、全体像はとてつもなく大きかったのですね。
それと私の1年上の学年までは東平への遠足や見学がありましたが、私は公立になったため行っていません。それが残念に思いました。
会場に来られていた方達は、ほとんどが関係者のようでしたね。(出身者、もしくは退職者)
 
 

私も見てきました

 投稿者:井上正信  投稿日:2014年12月21日(日)09時08分47秒
  私も20日の午後別子銅山・東京展を観てきました。新居浜南高ユネスコ部の講演は聞きましたが、その前の住友資料館副館長の講演は聞きませんでした。有元さんとは同じ時間帯にいたようですが、会いませんでしたね。予想以上に多くの人が来られていたと思いました。
四阪島の模型で、場所を示すランプを一つずつ点灯させてみました。
ほとんどの斜面を削って社宅にしていたことがよく分かる模型でした。
四阪島だけでなく、別子銅山全体の開発、整備は本当に壮大な事業であったことが、このような展示を見るとよく分かり、当時の人の腹の座った行動に感動しました。
六本木一丁目駅から泉ギャラリーに至る住友グループが開発したこの一帯の開発もよく整備されていて、立派なものでした。
夕方用があり、新居浜南高の講演が予定時間を大幅に超過したので、講演が終わった後は急いで帰りました。
 

別子銅山・東京展

 投稿者:有元容子  投稿日:2014年12月20日(土)22時35分13秒
  今日、泉ガーデンギャラリーで開催されている「別子銅山・東京展」を観て来ました。午後1時からの住友資料館副館長末岡照啓氏の講演も聴いて来ました。
展覧会は別子銅山の歴史がわかり易く、資料も沢山展示されており、 四阪島の模型も展示してありました。
講演を聴き、改めて全体像が見えて来たような気がしました。
新居浜南高ユネスコ部の皆さんも来ていました。
とても面白かったです。
南北線六本木1丁目駅と直結していますので、迷いませんでしたよ。
駅を出たところで物産展もやっていました。
 

東京での別子銅山展と物産販売

 投稿者:井上正信  投稿日:2014年12月 2日(火)11時44分5秒
  新居浜市の主催で、「えひめ・新居浜 別子銅山展」が開かれることを知りました。
https://www.pref.ehime.jp/tou50144/toukyouten.html
六本木一丁目駅の近くの泉ガーデンギャラリーで開催とのことですが、六本木一丁目駅前では愛媛県東予4市1町の物産展も開かれるようです。
銅山展は19日から22日まで、物産展は19日から21日までとのことです。
出かけてみようと思っています。
 

今日の日経新聞の記事

 投稿者:井上正信  投稿日:2014年11月27日(木)08時38分37秒
  今日11月27日(木)の日本経済新聞の文化面に「銅の島くすまぬ思い出」と題して一島一家会会長の後藤美廣さんが書かれた記事が掲載されていました。
文化面の大半を占める大きな記事で、全国紙の全国版にこのような記事が掲載されるのは珍しいですね。
最近の四阪島の状況も分かって、懐かしく思いました。
 

記念館のチラシ

 投稿者:新居浜在住  投稿日:2014年11月 8日(土)23時38分17秒
  別子銅山記念館の特別企画展は、後、二週間程となりました。
地域の回覧板に挟んであったチラシを見て感激し、市役所で頂いてきました。
チラシの画像を載せたいと思いますが、大きさがよく分かりません。
見づらかったらごめんなさい。
 

ミニ同期会in別子銅山記念館

 投稿者:アローノブ  投稿日:2014年11月 2日(日)13時51分45秒
  ご無沙汰しています。 当地新居浜は太鼓祭りも終わり秋色深まってまいりました。
昭和31年卒業の9期生の近隣メンバー12名が10月28日9時30分に別子銅山記念館前に集合して開催中の特別企画展「煙害克服の歴史と銅吹く島のせいかつ」を見て回りました。
中でも千分の一の四阪島ジオラマを囲んで小中学時代を振り返り話題が絶えることなくその場を離れがたいものでした。館内は撮影禁止となっており紹介できないのが残念です。準備頂いていた小中学校の卒業はじめ行事写真を見る時間もそこそこに場所を変えて食事をしながらの歓談で73,4年の人生を歩みあそこが痛いとかここが悪いと言いながらも添付の写真の通り皆さん見かけは元気なものです。尚バックは今回の特別展に合わせて設置された四阪島大煙突のミニチュアです。
 

 老夫婦より

 投稿者:谷口とよ  投稿日:2014年 9月17日(水)21時29分36秒
  皆様お祝い有難うございます。
私たち夫婦が四坂の学校卒業したのは昭和3年ですので遠い昔になりますがやはり懐かしくて
2人で時どき島の思い出を語りあっております。皆様方も体に気を付けられてますます
お元気で長生きしてください。、、

 

ご長寿お祝い

 投稿者:新居浜在住  投稿日:2014年 9月 8日(月)15時05分36秒
  おめでとうございます。読売新聞にお写真と共に載っていましたね。テレビも夕食時、偶然見ていました。驚いて、四阪の人かもしれない  と家族に向かって騒いでいました。本当にお若くて、お元気で、そして四阪の大先輩ですから、とてもうれしくなりました。これからもお元気でお過ごしください。
 

長寿祝い

 投稿者:谷口の息子  投稿日:2014年 9月 4日(木)20時57分13秒
  美ノ浦13号さん、投稿有難う御座いました。

今日はテレビ愛媛の取材が有り、私も取材を受け、父母は、島育ちで、島で、結婚した。等等伝えておきました。

もう一度、八日に、市役所からの、取材が有ります、父はお疲れの、様子です、落ち着いたら、自身で、投稿するかと思います。

それと、Oさん、と、Nさんは、島からの、仲良しで、隣同士で住んでいます。
 

レンタル掲示板
/83